日本人がグローバルに活動するために

グローバル人材は枯渇している?

グローバル化が進み、海外で活躍をする日本人も珍しくはなくなってきました。
特に文化やスポーツといった点では多くの日本人が海外で活躍をしています。
多くの企業も海外へと進出を試み、日本のブランドや技術力を海外で売り出していこうとしています。

しかし海外でのこういった企業の取り組みはうまくいっているとは言い切れないのが現状です。
その原因は日本自体の景気の低迷など様々なものが考えられますが、中でも注目されているのがグローバルに活躍できる人材の少なさです。
また多くの企業側にグローバル人材を育成できるだけのノウハウや余裕がないこともこの現状を支えてしまっているのです。

この現状を受けて日本でも小学校からの英語の授業の必修化などが進められていますが、それらの効果は即効性があるものではありませんし、かならず効果があるとも限りません。
そもそもグローバル人材は語学を取得すればだれでもなれるものなのでしょうか。
ここではグローバル人材にとって必要となる能力を考えていきましょう。

グローバル人材に求められるものとは

グローバル人材に求められる能力として挙がっているのが、「自分自身の軸を持つこと」「共感をいつも意識すること」「心の筋肉を鍛えること」という3つです。
これらはいったいどういう意味で、具体的にはどのような能力が必要なのでしょうか。
一つ一つ見ていきましょう。

まず「自分自身の軸を持つこと」です。
日本人は自分の意見を主張しすぎないというのを美徳としています。
またさまざまな情報が飛び交っている現代では、多くの人が支持している情報が正しいのだと自分の考えをその他大勢の意見へと合わせていこうとする日本人が多くいます。

しかしこのような姿はグローバル社会では通用しません。
自分の考えというものを大切にし、しっかりと主張することができる能力を身につけなくてはいけないのです。
いくら英語が話せても、自分の考えがなくては話すこともできませんよね。
他人に惑わされることなく自分の意見を主張できる能力を身に着ける必要があります。

次に「共感をいつも意識すること」です。
これはグローバル社会でなくても必要となる能力といえます。
ここでいう共感というのは相手の状況を理解して、相手の気持ちになるという意味が込められています。

海外進出した日本の企業が、海外で働く現地スタッフとうまくいかず事業に失敗するケースが多いのはこの能力に欠ける日本人が多いからです。
相手の環境、考え、文化などをしっかりと理解し、その条件を踏まえたうえで、相手とのコミュニケーションを図らなくては、お互いに一方通行となってしまいます。

最後に「心の筋肉を鍛えること」です。
日本では失敗をしないこと、間違えないことが正しいことだと教育を受け、育っていきます。
そのため日本人は失敗しそうなことに挑戦したがらないのです。

しかし世界では失敗は恥ではなく、そのあとの行動が大切だという教育を受けるのです。
この失敗を恐れない心を手に入れるためにも、果敢に挑戦していき、心の筋肉を鍛えることが大切なのです。