UAゼンセン

UAゼンセンとは

UAゼンセンとは、あまりご存じない方もいるかもしれませんが、全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟と呼ばれる団体で、様々な活動を行っている団体です。
労働に関する様々な活動を幅広く行なっている団体で、日本でも活動を行っていますがその一貫として世界でも活動を行っています。

活動している国は主にアジアとなっており、韓国や中華民国、中国などで主に活動をしています。
さらに、アメリカとも活動を行なっています。
一緒に協議を行なったり、情報の交換を行なうことでより世界の労働環境を良いものにする活動を行っているのです。

UAゼンセンの国際活動について

UAゼンセンでは労働に関する国際活動を行っています。
現代はグローバル化が進んでおり、段々と労働環境が世界各国で標準化されようとしていますが、その反面まだ貧困に喘いでいる方達も多いのが現状です。
普段の最低限の水準の生活をする賃金も得られていない方が世界的に見ると多くおり、まだまだ格差が生じているのが実際のところなのです。

実際の例ですが、バングラデシュで働いている女性の中には、ひと月朝から夜まで働いたにも関わらず、3,500円ほどの賃金しか得ることができないという状況の方もいるのです。
ひと月の月収としては非常に低い金額ですし、労働環境も整ったものではありません。
また、職場によっては危険が伴う職場もあります。
火災などが起こって命を落としてしまう方がいる職場も比較的多くあるのです。

こうした職場は比較的世界には多くあります。
なるべく早くこうした労働環境は改善する必要があり、そのためにUAゼンセンは活動を行っているのです。
行なっている活動内容は、現地の労働組合にUAゼンセンが交渉を行ない、労働条件の改善を働きかけています。
また、UAゼンセンのネットワークを活用してその国を支援することで、従業員の方の労働環境の改善を行うこともあります。
これからもこうした労働環境の改善は注目されることが予想されており、活動の幅はますます広がると考えられています。

興味を持ったら活動に参加してみるのもおすすめ

こうしたUAゼンセンの活動に興味を持ったら、参加を検討してみるのもおすすめです。
国際的に様々な国の労働環境などの改善を行う仕事は非常にやりがいのあるものでもありますし、多くの方を助ける仕事でもあります。
もちろん国際的に活動をするためには現地の国の方とスムーズにコミュニケーションを取れる必要があり、発展途上国での生活環境は楽なものではないかもしれません。
しかし、やりがいはとても大きな仕事と言えるでしょう。

UAゼンセンについてのより詳しい情報はUAゼンセンのホームページをチェックすることで得ることができます。
今後の進路として検討してみるのもおすすめです。

kokusaiteki-katsuyaku-nihonjin.com posted at 2016-3-25 Category: 企業や団体の国際活動