世界で活躍できる子を育てるには

どの仕事や職種に就くにしても、世界という存在は切っても切り離すことができません。たとえ海外で働く場合でなくても、企業のグロバール化が進んでいく以上は、世界で活躍できるような人材が求められるのです。もちろん自分の子供に関しても、世界で活躍できるような人材に育って欲しいと思うことでしょう。では、どうすれば世界で活躍できる子供を育てることができるのでしょうか?

どの分野で活躍できるか見極めましょう

まず、どの分野で活躍できるのか、そこを見極めるのが大事になってくるでしょう。スポーツ、芸能、デザイン、ファッションのようなセンスが求められる分野。研究、IT、ビジネス、経営などの知識や技術が求められる分野。

人によって適正や合う合わないがあるので、まずは自分の子供がどの分野に向いているのか、そこを判断するのが重要です。もちろんどの分野であっても、努力は絶対に欠かせませんし、人間性やコミュニケーション能力に関してもあらゆる分野で必要とされます。

遺伝や才能は関係あるのか

さて、一つ気になる部分としては、よくスポーツにしろ勉強にしろ、「親の遺伝を受け継ぐ」、「いくら努力をしても才能がなければどうしようもない」という言葉を耳にします。したがって、世界で活躍する子供を育てたくても、遺伝や才能により選択肢の幅が狭まってしまうのではないか。そう不安に思っている人も多いかと思います。

ただ、少なくとも「世界で活躍する子供を育てると」いうだけであれば、遺伝や才能はほとんど関係ないのです。
遺伝や才能が影響するのは、プロスポーツのような本当にひと握りしかなれないような分野なのです。ファッションデザイナーの五十川明氏や、料理人の森本正治氏に関しても、最初からその分野の才能があったわけではなく、あくまでも本人の努力で世界的に成功を収めることができたのです。boy14

遺伝や才能にはあまりこだわらず、子供のやりたいことや、子供が好奇心を持つ分野を積極的にやらせてあげた方が、将来的には世界的に活躍できる人材になれるかもしれないのです。間違っても、子供の頃から過剰に英才教育をしたり、勉強漬けの生活やスポーツだけをやらせるような教育は、やらないようにしましょう。

結局世界で活躍している人も、人としての一般常識、しっかりとしたコミュニケーション能力、それらがちゃんとできているからこそ、世界でも成功を収めることができたのです。世界を意識した教育もある程度は大切になってきますが、一方で文武両道や適度に遊ぶことも非常に重要になってくるのです。

子供の教育の方法

子どもの教育には様々な選択肢があり、それらについてはインターネットでも紹介されています。例えば習い事を紹介する以下のようなサイトがあります。
>>子どもの習い事|子どもの教育 ALL ABOUT

自分の子どもがどのようなことに適性があるのか知るために、必ずしも習い事をさせるということが正しいとは限りません。しかし、より適正を正確につかむ一つの判断材料にはなるでしょう。子どもの教育を考えた場合に、こういった習い事について考慮してみることも大切なのです。

バイリンガルに育てる

子どものころから英語に触れる機会を作ることでバイリンガルに。

アメリカ留学

留学に必要な知識と情報について。

頭のいい子に育てる

学力ではなく人間力を伸ばすには。

スポーツができる子に育てる

世界で通用するようなスポーツ選手に必要なこと。

音楽教育が与える影響

音楽を教えることは多様なことに応用が効きます。

芸術性を伸ばす子育て

創造性が豊で、表現力のある子供にする。

子どもに読ませたい本

教育に良いとされる読書の中でおすすめのもの。

子どもの才能を伸ばすには

子どもの長所をしっかりと褒めてあげることが重要です。