バイリンガルに育てる

children「子供をバイリンガルに育てる」というのは、一体どういう意味なのでしょうか?簡単に言えば、子供が英語が得意になるように、将来海外で活躍してもらいたい思いで、子供がお腹の中にいる時から英語の音楽を流したり、小さい時から英会話教室に通わせるなど、小さい時から英語に触れさせる教育なのです。そうすることで、小さいうちから英語が好きになり、結果的に大きくなっても英語に全く抵抗感を示すことなく、自分から積極的に勉強をしたり留学を希望したりするのです。

メリット

さて、バイリンガルに子供を育てることに関しては、もちろんメリットもあればデメリットもあります。メリットに関しては、さっき述べたことに加え、海外の文化を始めとした幅広い知識を身に付けることもできます。また、小さいうちに英語の発音に慣れることができれば、他の外国語の学習もスムーズに行うことができるのです。そして何より、好奇心旺盛の子供に育ちやすいので、英語だけに限らず色んなことに貪欲となり、結果的に勉強以外にもスポーツにも好影響を与えるのです。

デメリット

ただ、一方でデメリットもあります。小さい頃から英語教育をするためには、それ相応の費用が必要となります。それが結果的に、家庭の負担を大きくしてしまうのです。そして、あまり英語教育の意識が強すぎると、その他の教育が疎かになってしまう可能性もあります。特に小さいうちは、色々なことを経験させるべきでしょうから、英語一辺倒の教育になってしまうのは非常に良くありません。そして最も大きなデメリットとしては、バイリンガルの影響で正しい日本語が使えなくなってしまい、結果的に英語も日本語もどちらも中途半端になってしまう可能性もあるのです。

経済的な問題と教育方法の問題に関しては、いくらでも改善点はありますが、大きなデメリットである日本語への影響は、どうしても子供の適正や性格に左右されてしまいます。ですから、闇雲にバイリンガルの教育をやってしまうと、最悪の場合英語は苦手になってしまい、学力にも悪影響を与えかねないのです。

バイリンガル教育というのは、どの方法が正しくてどの方法が間違いかは一概に言えないのです。子供によって適切なバイリンガル教育は異なりますし、そもそもバイリンガル教育をやらない方がいい場合もあります。ですから、最初のうちは簡単なことから始め、子供の適正をじっくりと確認した上で、本格的にバイリンガル教育をするかどうかを検討しましょう。