芸術性を伸ばす子育て

絵が上手い、歌が上手い、創作能力に長けているなど、芸術性のある人は大勢いますが、芸術性のある子供を育てるためには、どうすればいいのでしょうか?もちろん、芸術性のある子供に育てるとは言っても、将来歌手になって欲しいとか、デザイナーとして世界的な活躍をして欲しいとか、そう言う意味ではありません。創造性が豊で、表現力のある子供に育って欲しいという意味です。

どんな仕事をするにしても、創造力や表現力は非常に重要になってきます。プレゼンテーション1つにしても、創造力や表現力で全く評価は違ってくるのです。特に社会においては、正解というものが存在しませんから、だからこそ1人1人の創造が重要になってくるのです。

芸術性を伸ばす子育てをするためには、まずは環境作りが必要となります。のびのびと芸術性を伸ばせるスペースがあれば、どんなことでも貪欲に吸収することができるのです。また、親の子供に対する接し方も大事になってきます。多少の失敗には目を瞑る、成功した時や成し遂げた時はちゃんと褒めてあげる、この2つを常に意識しておくことで、子供の芸術性をより一段と伸ばすことができるのです。

基本的にな教育方法としては、子供の年代に応じて変化していきます。0歳から1歳ぐらいまでは、音による芸術性を中心に伸ばしてあげましょう。子供が好きな音楽を聴かせてあげて、脳の芸術性を高めてあげるのです。2歳から3歳ぐらいまでは、今度は実際に物に触れることで得られる芸術性を伸ばしましょう。絵を描いたり粘土で遊んだりすることで、感触的な芸術性を高めるのです。4歳になってからは、自分で考えながら作ったり描いたりできるような素材を与えてあげましょう。そうすることで、創造力を養うことができるのです。5歳になってからは、友達と一緒に協力して何かを作る機会を与えてあげましょう。そうすることで、今度は表現力を養うことができるのです。

もちろん、子供によっても適正や得手不得手はあります。ある程度不得意なことに挑戦させるのも大事ですが、まずは得意なことを伸ばすことを第一に考えましょう。何度も言いますが、決して失敗をしても無闇に怒ったり、やり方が違うからと言って無理に止めさせないようにしましょう。まして子供に結果を求めるようなことは、絶対にやらないようにしましょう。そして、いくら芸術性を高めることが大事とは言っても、あまり無理にやらせるのも良くはないので、子供に応じた教育をやるようにしましょう。