音楽教育が与える影響

幼少期から童話やクラシックなどの音楽を聴かせる、音楽教育を積極的に取り入れている家庭も多いです。音楽教育を行うことで、子供にどのような影響を与えるのでしょうか?子供の脳は、大人の脳よりも遥かに音の吸収能力が高いのです。そのため、音楽を聴くことにより、異なる音を見分ける能力や、音の周波数を感知する能力が養われやすいのです。その結果、母国語以外の外国語を聞いた時でも、スムーズに聞き分けることができるようになるのです。

よく多くの家庭で、英語のクラシック音楽を子供に聴かせたりしていますが、まさにそれが音楽教育そのものなのです。英語の音楽を聴かせることで、たとえ意味は理解できずとも、どんな英語を発言しているのかを脳で理解することができるのです。音楽教育を続けるうちに、リスニング力も飛躍的に上昇し、最終的には長い英文を聴いても意味が理解できるようになるのです。

もちろん、影響を与えるのがリスニング力に限られません。音楽を聴くことにより、知力・想像力・感性・思考力・協調性などを養うことができるので、勉強にもスポーツにも人間関係にも大きな影響を与えるのです。また、音楽を聴くだけに限らず、ピアノなどで実際に自分で音を出すことにより、さらに好奇心を高めることができるのです。

このように、音楽教育はメリットはたくさんあるわけですが、注意しなければならない点もあります。子供にも、音楽に対する感性はあるわけですから、子供に合わない音楽や、子供が嫌がるような音楽を無理に聴かせたりしないようにしましょう。また、子供が興味もないのに、無理にピアノ教室や音楽教室に通わせてしまうと、それこそ音楽嫌いになってしまう可能性もあり、結果的に音楽教育がかえって子供の成長を妨げてしまう可能性もあるのです。あくまでも、子供に音楽を聴かせる機会を与えることが重要であり、闇雲に音楽を聴かせることは良いことではないのです。

音楽教育は、色々と難しい面もあるかもしれませんが、あまり難しく考える必要もないかと思います。子供に合いそうな音楽、子供が夢中になれる音楽を聴かせてあげるだけでも、音楽教育としての意義は十分大きいかと思います。もちろん、音楽のジャンルに関しても、必ずしも童話やクラシックに限らなくてもいいのです。アニメソングでも、流行りのJーPOPでも、演歌や洋楽でも何でも構わないのです。