子供の才能を伸ばすには

どんな子供にも、生まれ持った才能が多かれ少なかれあるものです。才能とは言っても、スポーツができるとか、絵を書くのが上手いとか、楽器の演奏が得意だとか、そういうものに限られません。どんなことでも諦めずにやり遂げる、一旦集中すれば何時間でも勉強できる、想像力が豊で表現力も優れている、どんな人とも友好的に接することができるなど、このようなことも一種の才能なのです。ただ、どんな才能に関しても伸ばせなければ何の意味もなく、もちろん才能があっても努力しなければどうしようもありません。子供の才能を伸ばすためには、どのような教育をすればいいのでしょうか?

まずは、どんな小さなことでもいいので、必ず子供を褒めるようにしましょう。褒められたことで、子供はそのことをさらに頑張ろうとするので、結果的に才能が伸びることにも繋がるのです。例えば、部屋を綺麗に片付ける、皆の前で大きな声で歌うことができた、嫌いだった物を食べることができたなど、何でもいいので褒めてあげましょう。

そして、子供が興味が持ったことは、積極的にやらせてあげましょう。たとえそれが、子供にとってあまり良いとは言えないようなことであっても、できるだけ見守ってあげるようにしましょう。例えば、パソコンなどは正直子供がやるには良いとは言えないかもしれません。しかし、そのような安易な理由で禁止させてしまうと、子供の才能だけでなく好奇心まで削がれてしまうかもしれないのです。もちろん、危険なことは絶対にやらせていはいけませんし、1つのことばかりやらせるのも良くないので、ある程度制限はしながらやらせましょう。

あとは、何事も実際に経験させてみることが大事です。小さい子供だと、どうしても危ないなどの理由で、禁止してしまうことも多いのですが、安全な範囲で積極的に経験させてあげましょう。経験をさせないことには、才能があるかどうかも分からないですし、色んな経験をさせればそれが将来の糧にもなります。

もちろん、才能を伸ばすためには他にも様々な要素が必要となります。親の支援や環境作り、生活習慣や交友関係など、才能を最大限に発揮できる環境になって、初めて才能は開花するものです。当然、そこからさらに本人の努力も必要となってくるので、子供の才能を伸ばすことは、言葉で言うのは簡単かもしれませんが、実際はかなり大変で難しいものなのです。