冨永 愛【ファッションモデル】

モデルを目指したきっかけ

ファッションモデルである冨永愛氏は、メディアでの露出も近年は多く、日本での知名度も非常に高くなりました。元々彼女は、小さい頃から身長が非常に高く、彼女自身それがコンプレックスでもありました。しかし、そのコンプレックスであった身長が、世界のファッションモデルで活躍するきっかけとなったのです。

コンプレックスだった身長を何とか活かしたいと思い、15歳の時にファッション雑誌の読者モデルに応募して、見事モデルとして採用されることになったのです。さらに、彼女が17歳の時には、たまたま彼女が掲載されていたモデル雑誌を見た海外のファッション関係者が、彼女のモデル姿を見てすぐに彼女をスカウトしたのです。こうして冨永愛氏は、海外で本格的にファッションモデルをするようになったのです。

ファッションモデルとして海外デビュー

19歳の時にニューヨークで海外デビューを果たし、その後も海外を中心に活躍を続けて、海外のファッションモデルとしての地位を築き上げました。2005年に出産をして一時休業をしましたが、2006年からは再び仕事に復帰をしました。近年では海外はもちろん、日本のメディアやファッションイベントにも積極的に出演されています。

冨永愛氏はこのようなサイトでも、その積極的活動で人気を得ていることが伺えますね。
>>冨永愛|スマートフォンのサイトで紹介

現在の活躍

15歳からファッションモデルとして活躍して以来、まさにファッションモデルとして順風満帆の人生を送っているように思えますが、それまでには色々と苦労もありました。先ほども述べたように、コンプレックスだった身長が原因で、学校ではイジメに遭っていたのです。また、モデル業と学業の両立の難しさもあり、母親とも対立することがありました。さらに、ファッションモデルになってからも、婚約者に二股をかけられて離婚をすることになり、1人で子供を育てているなど、常に苦労は絶えない人生を送っているのです。それでも彼女は、子育てができる喜びを感じており、テレビやイベントではどれだけ大変な時でも常に笑顔でいます。

彼女の素晴らしところは、身長にコンプレックスを持っていて、それが原因でイジメられたにも関わらず、それを世界で活躍する武器に変えたことです。普通なら自分のコンプレックスは、常にマイナスのイメージしか持ちませんし、場合によっては多額のお金をかけてでも、そのコンプレックスを改善したいと思う人も多いです。しかし、彼女はそうではなく、マイナス要素であったコンプレックスを、プラス要素へと変えたのです。彼女だけに限らず、海外で活躍するような人は、コンプレックスやマイナスの部分さえも自分の武器にするのです。