矢野 浩二【俳優】

矢野浩二氏は、日本の俳優ではありますが、現在は北京に在住して俳優業をされています。彼が俳優になった理由は意外なものでした。高校を卒業した後、彼はバーテンダーで働いていたのですが、そこの常連客に「役者やったらいいんじゃない?」と言われたそうです。常連客が言ったのは本気か冗談かは分かりませんが、彼はその言葉を聞いて、上京することを決意したのです。結果的にその常連客の言った何気ない一言が、彼を中国の大スターへ導いたのです。

上京をしてからは、俳優の養成所で指導を受けた後、森田健作氏の運転手の付け人をやることになりました。その後、1998年の「リング0~バースデイ」の映画でエキストラ役ではありますが、俳優としてデビューをすることになりました。その後も、いくつかのドラマなどでエキストラとして出演をされました。しかし、日本ではなかなか芽が出ない状況が続きました。

転機となったのは、2000年に中国ドラマのオファーがありました。彼は、そのドラマのオファーを受け、撮影のために中国へ渡りました。そこで中国語の勉強と並行しながら俳優業をすることになったのです。このドラマがきっかけで、矢野浩二という名前が中国で知れ渡るようになりました。このドラマが終わってからも、彼は中国で俳優業を続けることにしたのです。その後は、中国ドラマをメインに出演し、バラエティー番組の司会も任されるようになりました。もはや、中国で最も有名な日本人俳優となったのです。中国での彼の俳優業が評価され、世界で活躍する日本人に選ばれたのです。

俳優業としての彼の道のりは、非常に険しかったと言えます。日本ではチャンスがなかなか巡ってこず、中国に行っても金銭面での不安も非常に大きかったです。しかし、それでも彼は諦めずに俳優業を目指し続けたからこそ、中国で大スターになることができたのです。また、2000年にオファーを受けた中国ドラマの撮影が終わってからも、中国で俳優業を続けたという選択肢が、結果的に彼にとっては大成功へと導いたのです。もちろん、その後日本へ戻ってきて、日本でブレイクをした可能性もあるかもしれませんが、生半可な気持ちで日本へ戻るよりは、このまま中国で身を埋める覚悟を持ったからこそ、、成功することができたんだと思います。